HOME | 大祓


夏越の大祓と茅の輪神事


6月末、全国の多くの神社に設置される茅の輪。


大祓詞を宣るとともに、茅萱(ちがや)で作った大きな輪をくぐることで、半年間の穢れを祓い清めます。

房飾り

「 夏越の大祓 」(なごし の おおはらえ)

6月30日、社殿内で「大祓詞」(おおはらえ の ことば)を詠みあげ、「祓」の儀式を行います。
神職、参列者ともに人形(ひとがた)に穢れを移し、その後、茅の輪くぐりの神事を行い心身を祓います。


「茅の輪くぐり」

数字の ”8”を横に描くイメージで、茅の輪を三度くぐります。 

茅の輪の起源

『備後国風土記』の逸文にある蘇民将来(そみんしょうらい)の逸話が、その起源といわれます。
蘇民将来は質素な生活をおくっていましたが、蘇民巨旦(そみんこたん)という裕福な兄がいました。
スサノヲノミコトが旅の途中に一夜の宿を求めた折り、巨旦が宿泊を断ったのに対し、将来は快くもてなしたそうです。
数年後、スサノヲが再び将来の家を訪れ「悪疫が流行したら茅萱(ちがや)で輪を作り、腰につけていると悪疫を免れることができる」と教えます。
やがて悪疫が流行ったとき、将来は教えを守ったので子孫は栄え、巨旦の一族は滅びてしまったそうです。
その蘇民将来の腰の茅の輪が、いつしか人がくぐることが出来るほど大きな茅の輪となり、今に伝わります。


伊豆山神社の大祓

 
6月30日(火曜日) 午前10時 斎行いたしました。
 
茅の輪は、7月末まで設置しておく予定です。
いつでも、ご都合の良い時におくぐりください。

「花 手 水」


 
今、手水を出すのは止めていますが、手水鉢に花を浮かべています。
花々の香りで心身を清めていただければ幸いです。