祭事のご案内


伊豆山神社の祭礼

 一年のうちにお祭りは幾度もありますが、とても大事な祭祀は「大祭」と位置づけられ、なかでも「例祭」はとても重要で、当伊豆山神社では8月18日に斎行されます。
 特徴あるお祭りには、”川を渡る梵天”として知られる「梵天奉納祭」、獅子頭をもって家々を廻り厄祓いをする「獅子神楽巡行」があります。
 伊豆山神社の、一年の主な定例の祭礼を下記にまとめました。  


1月

歳 旦 祭(1月1日)   新しい年を祝い、社会の平和と繁栄を祈ります。 
厄 除 祭(1月〜3月)  33歳42歳の人達をはじめ、各年代の人達の厄除けを祈願します。


2月

梵天奉納祭(2月11日) 五穀豊穣、家内安全を願い、町内から梵天や恵比寿俵が奉納されます。
祈 年 祭(2月17日) 春のはじめに、五穀豊穣と地域そして国の繁栄を祈るお祭りです。


3月

社 日 祭 (3月20日頃) 春分の日に近い戊(つちのえ)の日に今年の豊作を祈願します。


6月

鹿島除蝗祭 (6月24日) 「鹿島さん」と呼ばれる武者人形に厄を託して、舟に乗せて流す行事です。
大   祓 (6月30日)  穢れを祓い、無病息災を祈ります。


7月

獅子神楽巡行 (7月1日〜14日) 神楽を奏しながら、お獅子が各町内を廻り、厄年の人や新築の家などを祓い清めます。


8月

例     祭 (8月18日)  一年のうち一番重要なお祭りで、神社に由緒ある日をもって行う大祭です。


11月

七 五 三 祭 (随時)    お子様の健やかな成長を祈願します。
新穀感謝祭 (11月23日) 新穀をお供えし、実りの秋の豊饒を感謝します。


12月

大   祓 (12月30日) 穢れを祓い、無病息災を祈ります。


HOME / 由緒とご祭神 / 境内社 / 川を渡る梵天 / 梵天奉納祭 平成30年 / 獅子神楽 / 厄祓い / 初 詣 / 神社を訪ねる / 本宮へ男坂を登る / 本宮へ女坂を登る / やさしい神道 / おとなの神社旅