いずさんの ”神社日和 ブログ”

Izusan_jinja Blog

HOME | Blog Corner | 玉串と拝礼

山の花

2018.07.18

玉串と拝礼

今回は、玉串と玉串を使っての拝礼についてお話したいと思います。

ブログ画像

玉 串
玉串は、榊など常緑樹の枝に白い紙や麻などを付け、拝礼する際に使われます。
由来については諸説あるものの、神霊の宿ったものとする説が有力です。
二拝二拍手一拝の作法で、お参りください。


神社での祭礼や地鎮祭では、“玉串拝礼”を行いますが、正しくは「玉串を奉りて拝礼」といいます。
[奉りて・・たてまつりて]


玉串を神前に奉って拝礼を行うことによって、神様と人とが相通じるといっていいでしょう。
神道の作法には、私たちの祖先が長い間に作り上げてきた事柄が多くあり、理性のみならず感性も関わることが多いと思われます。
玉串拝礼という作法をもって神様と人が通じるのも、そのひとつと言えると思います。
榊は、暖温帯の照葉樹林に生育する樹種なので、元来自生していない地域ではヒバやサワラなどの常緑樹を用いるところもあります。 

新刊本のご案内

目には見えない存在への畏敬が主題です

神恐ろしや


 

電子書籍のご案内

神社参拝と共に食を楽しむ本です。

『おとなの神社旅』

(Kindle本)

Kindle Unlimited の対象になっています

電子書籍を、紙に印刷しても入手できます(オンデマンド版)

 

ムック本のご紹介

神社部門の監修を担当した本です。

すばらしいお寺・神社 ベスト80

 

 

縁切り縁結び寺社スポット62